カテゴリ『電験合格から実務へ』のタイトル一覧(記事が多い場合は次ページがあります)
  • 電気主任技術者って言っても仕事はいったい何をすればいいの?
  • 2012年03月18日

    電気主任技術者って言っても仕事はいったい何をすればいいの?


    電験3種取りました〜!
    でもその後に仕事で何をするのかさっぱりわかりません!!
    電気主任技術者って何をするんですか〜〜?!!!
    というのが普通なのではないでしょうか。

    という私もその一人です(^^ゞ

    仕事で電気主任技術者の仕事らしいことは少しずつ任され始めていますが、
    「あの〜これってなんですか」
    「仕事は何をしたらいいんですか?」
    と聞けるような雰囲気ではなく、
    そんな事を聞いたら「3種取ったくせにそんな事もわからないのか?!」
    と言われるのがオチなので
    「この装置は何ですか〜(*´д`)?!何をしなくちゃいけないんですか?なんでこの仕事があるんですか?誰か教えてくださ〜い!!」
    と心の中で叫んでいる状況です。

    誰にも聞けないけど、どんな事をするのかは知識として欲しい。
    なぜこれをするのかという知識が欲しい。

    ということで
    人に聞かなくても電気主任技術者の仕事の基礎をマスターできる書籍を探して購入し始めております。
    もちろん自腹で・・・
    痛いっす〜。・゚・(ノД`;)・゚・。痛いですよ〜。

    そんな同じ境遇の方たちのお力になれるかどうか分りませんが、
    以下に徐々にですが書籍の評価を列挙してまいりたいと思います。

    一緒に「真」の電気主任技術者めざして、
    一歩ずつ、こっそりと成長しましょう\(^O^)/

    絵とき 自家用電気技術者実務知識早わかり
    絵とき、と書いてある言葉どおり、ふんだんに挿絵があります。
    ページの半分は『絵』という感じです。
    その分、イメージしやすく、一度自分の会社などの設備を見た事があるひとならば、
    「あ、あれだ」と分りやすいです。

    また、本の前半よりも後半に書かれている、
    「試験と検査」
    「保守と点検」
    は大半の主任技術者の実務には大変役に立つ内容で、
    何をしなければならないのか、
    定期点検でなにをしていたのか、が分ります。
    この2章のために購入しても良いでしょう。

    ただし、全く受電設備や点検作業を見た事がありません〜。
    という人には「試験と検査」は分りにくいと思います。

    保守と点検は知らなくても面白く読めますので、
    実際に立ち会う際には、目を通しておくと良いでしょう。

    自家用電気設備の疑問解決塾
    自家用電気設備の疑問解決塾 
    posted by あはっ\(^O^)/ at 08:54 | Comment(15) | TrackBack(0) | 電験合格から実務へ
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。